図書館資料をコピーしたい

著作権法の遵守

附属図書館内の資料の複写(コピー)は、著作権法の範囲内で行ってください。

  • 自分の学習研究のためにコピーしてください。代理コピーはご遠慮ください。
  • 部数は1部のみでお願いします。有償無償を問わず、人にあげたり配ったりしないでください。
  • 冊子体雑誌の最新号記事は、次号刊行後または最新号刊行後3ヶ月経過後にコピーできます。
  • 一人の著者による図書は、全体の半分までコピーできます。
  • 異なる著者による複数著作で構成される図書は、個々の著作それぞれの半分までコピーできます。

参考:著作権法第三十一条

目次